“I” with a thousand faces

Works

“I” with a thousand faces
千の顔をもつ「私」

text

Floating in the light vaguely, then vanish from my sight,
I gaze an unspecified large number of “I” coming and going…
When I meet another “I”, face to face, on the street,
I synchronize into the depths of their existence, their eyes.
The infinite “I” has a thousand faces, and could be anyone…

One summer evening, I happened to pass by a small square in Paris.
A lot of people gathered there. They seemed to just stand or sit without doing anything, but interact silently between “Is”.
In the soft light of the dusk, the sight had created some fantastic atmosphere.
The afterimage of this small crowd never left my mind ever after, as if it was talking to me continually.
This series was inspired by the image at that time and photographed in Paris, Seoul, Tokyo, and India.

光のなかに、ぼんやり浮かんでは、やがて視界の外へと消える
不特定多数の、無数の「私」を、私は見つめる。
まちかどで偶然であい、向かいあう、さまざまな顔をした「私」の
瞳の奥に、私はシンクロする。
誰にでもなり得る、千の顔をした「私」の拡がりに…..

数年前の夏の夕暮れ、私は偶然、パリの小さな広場を通りすぎた。
そこには大勢の人が集まっていた。人々はなにをするもなく、ただそこに佇んでいて、
彼らは夕暮れの薄暗いやわらかい光のなかで、顔のよく見えない「私同士」の交流を静かに行っているかのようだった。
その小さな群衆の残像が、まるで語りかけてくるように、その後ずっと、私の脳裏から離れなかった。
本シリーズは、このときのイメージから着想を得て、パリ、ソウル、東京、インドで撮影された。

Back to Index