Truth is One, Sages call it by Various Names

Works

Truth is One, Sages Call it by Various Names
Ekam Sataha Vipraha Bahudha Vadanti
 

 

 

text

 

The title is taken from the famous text of RigVeda, the oldest scripture of ancient India.
In other words, there are many ways to lead to God ; no matter what path you take or what religion you worship, it will lead you to the same place.
India has been a country of philosophy for me for a long time, I was determined to go one day.
I’ve been visiting some places called sacred place for the last few years and in 2018 I spent a month in Varanasi, India.
Located on the banks of the Ganges River, also known as Kashi (City of Light), Varanasi is considered as the religious capital of Hinduism.
The Ganges River, which originated in the Himalayas, flows from north to south, but in Varanasi, its flow changes from south to north and draws a circle.
Almost every day, before sunrise, I went to the Ganges and spent most of my time on its banks. This series can be said to be my pilgrimage to the Ganges.
The rays of the early morning sun spread across the sacred Ganges River, seemed to reflect the light that indwells within us by nature. Hinduism, which 80% of Indians believe in, is a polytheistic religion that is more of a “way of life” than a religion.
They pray for liberation from the cycle of death and rebirth enforced by the law of karma and eternal union with God.
Krishna, one of the Hindu deity say “Call me by what ever name you like; Worship me in any form you like; All that goes to One and Only Supreme Reality.” 

 

「真実はひとつ、賢者はそれをさまざまな名前でよぶ」
タイトルは、古代インドの最古の聖典であるリグ・ヴェーダの有名なテキストからとった。
いいかえると、神に導く方法はたくさんある。どんな道を進んでも、どんな宗教を崇拝していても、同じところへ導かれる。
インドは私にとって長い間哲学の国で、いつか行こうと決めていた。
ここ数年、聖地と呼ばれる場所を訪ねていて、2018年にインドのバラナシに一カ月間滞在した。
ガンジス川のほとりに位置するバラナシは、カシー(City of Light)とよばれ、ヒンドゥー教の宗教的首都と見なされている。
ヒマラヤ山脈を起源とするガンジス川は、北から南に流れるが、バラナシではその流れが南から北へとかわり、円を描く。
ほぼ毎日、私は日の出前にガンジス川へむかい、多くの時間をそのほとりで過ごした。本シリーズは、私のガンジス川への巡礼といえる。
早朝の太陽の光が、聖地ガンジス川に広がり、本来私たちに内在する光を映しだしているようにみえる。
インド人の8割が信仰しているヒンドゥー教は多神教で、宗教というより、「生き方」だという。
彼らはカルマの法則によって強いられる死と再生のサイクルから解放され、神との永遠の結合を祈るー。

ヒンドゥー教の神のひとりであるクリシュナはいう。「あなたの好きな名前で私を呼びなさい。あなたの好きな形で私を崇拝しなさい。すべては唯一無二の最高の現実に通じる」

 

Back to Index